校歌

台北高校校歌第一校歌 大正14年(1925年) (作詞:三沢 糾,作曲:阿保 寛)

獅子頭山に

喇叭-點選它聽音樂
1. 獅子頭山に雲みだれ
朝な夕なに天かける
駒の足掻のたゆみなく
七星が嶺に霧まよふ
理想を胸に秘めつゝも
業にいそしむ學びの舎
2. 限りも知らに奥ふかき
花つむ袂薫ずれば
碧空遠く嘯きて
文の林に分け入りて
若き學徒の誇らひに
わがペガサスに鞭あてむ
3. 錬武の場に下り立ちて
鐵の腕に骨鳴りて
つるぎ収めてかへるとき
たぎる熱汗しぼるとき
男の子の心昂るなり
北斗の星のかげ清し
4. あゝ純眞の意氣を負ふ
一たび去ってかへらぬを
いざ手をとりて歌はなむ
靑春の日はくれやすく
など君起ちて舞はざるや
生の歡喜を高らかに
(中文譯)
獅子頭山上雲氣蓬蓬
朝夕不斷掛長空
駒足奔騰永不休窮
七星嶺上霧迷濛
高尚理想存吾胸
奮勉繁忙學業中
前途無量深奧無窮
但看花香盈我袂
引吭高歌遙望碧空
學問進展捷如風
青年得意喜重重
揚鞭顧盼氣融融
大顯身手練武場中
鐵腕鋼筋誇百鍊
勒馬橫刀歸來歌唱
男子熱汗灑英雄
心懷壯志吐長虹
北斗七星影幢幢
哈!要抱正直之志氣
光陰一過不復還
與君攜手歡呼一曲
青春易逝去匆匆
及時努力舞庭中
人生歡樂在其中
回到頁首